hoge

超期待! YGKよつあみ X-Braidオルトロスシリーズ発表(インプレ追記)

 ※2020/07/22 ZoneFinesseのインプレを追記しました。

 昨年発売されて、愛用しているYGKよつあみの新PEラインのオルトロス(OLLTOLOS)。

 大阪フィッシングショウで見つけてから販売を待ちに待ったYGK よつあみの新しいラインのオルトロス(OLLTOLOS)シリーズ。フロロカーボ...

木村プロ監修モデルでカバーゲームに最適なPEラインでしたが、今年からはX-Braid OLLTOLOSとしてバス用PEをラインナップ。極細の0.4号から8号までを準備してバスに関して使用されるであろうPEラインをすべて網羅した状態。

大阪フィッシングショウで木村プロにイロイロと聞けて、さらにスピニング用のZONE Finnessに関しては現状の「G-soul X8 Upgrade PE」より強いとお墨付き。かなり気になったので販売されればすぐに試していきたい商品です。

新しPEはX-BRAIDシリーズに統合

 YGKよつあみのPEラインはX-BRAIDシリーズに統合されて、今後はすべてX-BRAIDの名前がついていくようです。その中に X-BRAID OLLTOLOSがバス用と言う位置づけになりそうです。

さらにその中でも細分化されてバス用で4シリーズ発売されるとのことです。

  • XBRAID OLLTOLOS PEWX8 finesse Shangrila:0.4号~0.6号の極細シリーズ
  • XBRAID OLLTOLOS PEWX8 ZONE Finesse:0.8号~1.5号の中核シリーズ
  • XBRAID OLLTOLOS PEWX8 ZONE Cover:2号~3号の準カバー用
  • OLLTOLOS WX8 PE:4号~8号 すでに販売済みのオルトロス

既存のオルトロスがX-BRAIDになるかはWEBでは分かりませんでしたが、基本バスでPEラインを使う場合はどんな用途でも上記ランナップで行ける感じですね。

XBRAID OLLTOLOS PEWX8 finesse Shangrila (オルトロス フィネス シャングリラ)

※メーカーWEBより引用

Exceeding the limit! 超極細X8 エキスパートフィネスライン登場!
新境地を切り開くエクストラフィネスPEラインに要求されるものは、飛距離・強靭高強力・トラブルレスである。 その中でも極限状態のトーナメントフィネステクニックを高次元に可能とするためにプレミアム製紐されたラインが「シャングリラ」である。 HST加工によるコシのあるしなやかさで、圧倒的な飛距離を手に入れながらもその直線性と超高感度特性で精度の高いフッキングとライントラブルレスを実現。 また、超高密度WX工法による耐磨耗と強力安定性で突発的なリスクを減らす。 まさに、ピークパフォーマンスを求めるバスアングラーの理想郷となる。

 0.4、0.5、0.6号と超細PEを細かくラインナップ。ムシやi字系など飛距離を稼ぎたい用途にはこれとのこと。自分があまりi字などやりこんでないので即欲しいとはなりませんでしたが、そのうち琵琶湖でもプレッシャー対策で0.6号+6lbリーダーとか必要になるんだろうな~って感じです。

XBRAID OLLTOLOS PEWX8 ZONE Finesse(オルトロス ゾーン フィネス)

※インプレ追加しました。

 2020フィッシングショウで気になっていたYGKよつあみの新PEラインXBRAID OLLTOLOS PEWX8 ZONE Finesse...

※メーカーWEBより引用

All scene matchオルトロスPEの中核を担うニュースタンダードマルチPEライン!
ゾーンカバー、シャングリラと専用設計と言っても過言ではない特質 した性能をもったラインが存在する中で「ゾーンィネス」は、いわゆるオルトロスPEの中核的存在を担う物である。様々なシーンやテクニックが想定されるバスフィッシングにおいて、マルチに 対応出来るトータルバランスが優れたPEラインの存在が必ず必要となる。ゆえに究極のスタンダードラインを目指すべく、柔らかすぎず硬すぎない、そして耐磨耗性にも気を抜くことなく、徹底的に使いやすさに照準を合わせた、パーフェクトマルチパフォーマンスラインを実現させた。

多分、琵琶湖で最も使われそうなシリーズ。木村プロ曰く「G-soul X8 Upgrade PEより耐摩耗性など上!」と説明頂いたライン。自分もサカマタミドストなどスピニングで使用しているPEはすべてX8 UPGRADEなんで超気になりました。触った感じもX8 Upgradeよりはハリ・コシ?があり自分には使いやすそうな感じ。あんまり硬くても扱いにくいし、柔らかすぎると風やガイド絡みが気になるので本当に説明にある通り、絶妙な硬さにこだわった感じです。

販売は7月頃とのことで、まさに今欲しいのに!って感じですが、もうしばらく待つ必要があるようです。

XBRAID OLLTOLOS PEWX8 ZONE Cover(オルトロス ゾーン カバー)

うん?展示のCoverのつづり間違ってる?Cover?CONER?

※メーカーWEBより引用

特質的に進化した現代のテクニックを可能にする超耐磨耗パワーX8PEライン!
パワーフィネス、吊るしなどのテクニックに必要不可欠なPEライン。それらのテクニックは軽量ルアーを繊細に操るため、ラインを細径にしなくてはならない。 それでありながらライトラインでは躊躇してしまうような、ヘビーカバーからバスを引きずり出すハイパワーを実現させなければならない。 その要求を叶えるため、超高密度WX工法とHST加工により細糸径では到底考えられない超耐磨耗を実現させた。 相反する矛盾とも言えるエクストリームな要求を満たすために生まれた特殊製紐されたX8ライン、それがゾーンカバーである。

自分が最も使わない部類の太さのPEラインなんで、正直あんまり説明を受けられてません(笑)。海外とかでバズとかスピナーベイトなど巻物に直結で使いそうな号数展開ですが、個人的には使いどころが分らない感じです。スピニングで2号+リーダー20lbとかでカバーを打たないといけない状況が来た時に試そうか?くらいでしょうか。

価格と販売巻き量

 新機種のオルトロスはすべて 100m巻きで価格が3200円に統一されています。実売は大体3割引きの2200円前後だと思います。2500番のリールだと少し下巻きして巻いた方が良い感じでしょうか。

 PEラインは下巻きにナイロンがフロロを巻かないとスプール滑りの原因になるのでどちらにしても下巻きは必須なので、少し下巻きして100m全部巻きって感じですね。正直リーダーを組めば1年フルシーズン使えるラインだと思うので結果としてはフロロを頻繁に巻くより経済的かなと思います。

まとめ:

たぶん、ゾーン フィネスかフィネス シャングリラが最も使われそうなパターンでしょうか。とにかく説明の殺し文句の「X8 Upgradより強い!」は相当響きました。また、木村プロのこだわりなんでしょうが、「扱いやすいハリ・コシ」感がとくにゾーンフィネスに感じられたので、まずスピニング+PEラインシステムではすぐに試したい感じです。