hoge

家で保管している在庫ワームの整理・収納を考える

 シーズン毎、サイズ毎、カラー別、、、どんどん増えていくワーム。増えれば増えるほど、「アレ?あのワームってどこかたづけたっけ?」となっていました。その解決方法がコレ!

突っ張りのメッシュパーテーション!

 大好きなSWEET BEAVER(スイート・ビーバー)はカラー別・サイズ別で常に在庫が分かるようにしています。もう「永遠の定番フリッピングワーム!」ですよね。自分はさらに小型のスモーリービーバー(3.5inch)も多用しますので、カラーとサイズの管理が大変なんです。

 釣り場で水の色を見てカラーをあのカラーに変えよう →「確かあのカラーは持ってきてるはず・・・サイズ違う!」ってことが頻発するので定番ワームはこの管理が必須になります。カラーが最低3種類、サイズが2種類 : 最低6種類はフリッピングがメインの時期には持って行くようにしてます。ほかにもみなさんもこのワームは絶対!という自信のあるワームなどは1パックだけではなく複数購入指定と思いますし、フックやジグヘッドなど予備や時期によってしか持って行かないものを整理するとすごく準備が楽になります。ボックスに突っ込んでいるより、フック(サイズ別・形状別・メーカー別)、シンカー(サイズ別・形状別・メーカー別)を丁寧に分けると釣具屋で無駄な買い物も減りますし、釣りの準備中に持って行くもので準備もれがなくなります。

さらにカスタマイズ!

 市販の状態では上下のスペースが空きすぎているので、100均で追加のネットとワームを吊るすフックを増設しています。

100均でも売ってますが、追加でさらに大きいスペースを確保できます。既存のハンガーに結束バンドや専用のコネクタでつけていきますが、結束バンドの方がしっかり止まる気がします。

 
 上記も100均で売ってます。これはかなり本数が必要になってくるので、100均が良いかもしれません。ただし、あまり長いものが売っていないのでまとめて同じカラーを大量に吊るす場合には150㎜など長いフックを購入しましょう。
 
 しかし、ここ数年さらに定番になりつつあるワームも増え、もう1ラック増やそうか検討中。完全に泥沼ですね。定番ワーム以外はBOXで管理するしかないですが、そのBOXも山積みになっている人は壁一面を釣具屋のようにするのも手ではないでしょうか。

 ワームも整理でき、さらに部屋も「ザ・釣り部屋」になるのでおススメです。