hoge

結局超ロングロッドはありなのか?W&Mロッドを使ってみての感想

 「意外と普及が進まないな~」と思っていたDEPS グングニルを代表とする超ロングロッド。10ft近いロッドって本当にメリットあるんだろうかと思って購入したW&M(Wright & McGill)のスキートリースロッド2本に関して1年程度使ってみての感想です。以前も購入した2本のインプレをしましたが、他社でも増えてきた超ロングロッド全般で実際ありなのかをまとめたいと思います。また、使用はすべて琵琶湖でバスボートで使ってみた感想です。

 BASSMASTERの試合で長い間のルールであったロッド長の8ft制限。10ftまで解禁になって一気に各社から超ロングロッドが発売されて賑...

FacebookTwitterInstagramを「いいね」「フォロー」して頂くと最新の記事をチェックできます。>

Skeet Tournament 10′ Crankbait Telescopic Cast Rod

スペック

  • 長さ:10ft
  • ライン:10-30lb
  • ルアーウェイト:3/4~2oz
  • ロッド重量:258g(実測)
  • ハンドル長:35㎝(実測)

インプレ

前回インプレ

 先日購入したWright & McGill Skeet Tournament 10' Crankbait Telescopic C...

 10ftのクランキングロッドってありなのか?ですが、マグナムのディープクランク(10XDやSKT マグナムのディープ)にはほぼ必須と言っていいくらい良いです。普通にキャストしてロッドティップを下げるだけで7.6ftロッドのニーリングに近い状態で巻くことが可能です。

 逆にマグナムのシャロークランク(KVD8.0やSKTマグナムのシャロー)に関してはウィードに当てた後ほぐす作業などは10ftの長さからかなりやりにくいです。10ftロッドで1日やろうとは思えないくらい操作性は悪いです。

 他のマグナム以下のクランクに関してはこのロッドがかなりマグナムクランクを意識された仕様だと思うのですがせいぜい投げられて3/4ozクラスのディープクランクなのでマグナムクランク以外の用途は考えられない感じです。

Skeet Tournament 9’2″ Flippin’ Telescopic Cast Rod

スペック

  • 長さ:9ft2inch
  • ライン:15-30lb
  • ルアーウェイト:1/2~2oz
  • ロッド重量:228g(実測)
  • ハンドル長:27.5㎝(実測)

インプレ

前回のインプレ

 以前購入していたWright & McGill Skeet Tournament 9'2" Flippin' Telescopic...

 9.2ftのフリッピングロッドです。「こんなもの1日フリップできないだろ!」って外観ですが意外とやってみるとできない事はない。。。シマノ エクスプライドのロングロッドシリーズも使わせてもらったことがありますが、超ロングロッドでフリップは全然ありです。

  • フリップの際にカバーに対して角度をつけてアプローチできる。
  • ラインスラックを一振りでとれるので、バスが変な方向に走ってもフッキングが決まりやすい。

人工島などでおかっぱりでパンチングされている方などにも、ラインスラックを一気にとれるメリットは大きいので非常にメリットになるのではと思います。ただし、カバー打ちでも小技を聞かせて繊細に釣るのには不向きなのでハイシーズンにどんどん打っていくような状況にはいいですが、春や秋のちょっとタフな時には通常のフリップロッドの方がいいという感じです。

まとめ:

超ロング-クランキングロッドはマグナムのディープクランクには非常にあり!超ロング-フリッピングロッドはハイシーズンのどんどん打っていくような状況ではかなりあり!って感じでした。フリップ用もクランク用もこれ1本となるとつらいかもしれませんがボートならサブに1本ほしい感じです。