hoge

19TATULA用中華スプールがあまりに快適なんで重量を計った。

 タイトルの通りなんですが、19TATULA TW用に購入した中華製の浅溝スプールとノーマルのスプールを糸を巻いた状態で測定してみました。というのも、浅溝スプールに16lbのフロロを35mだけ巻いた中華スプールの扱いやすさというか快適さって、重量にしてみたらどれくらいの差なんだろうと疑問に思ったからです。

 はい、前回の中華製カーボンハンドルの交換がコスパが良く使い勝手がいいので、調子に乗って今度は19TATULA TW用のシャロースプールを購...

ラインてかなり重いらしい

確認しようと思ったのはKEN.Dさんの以下の記事。

僅か0.1g単位の軽量化で、しのぎを削るベイトフィネススプール。 しかしスプールの重量なんて、実はどうでも良い問題だった!? リールカスタムのカリスマが明かす、衝撃の真実をお届けします。
MGLスプールの鍵は、特徴的な側壁ブランキングでは"無い"!? そして重くのしかかるラインの重圧・・・。 ベイトフィネスに最も大切な、真の要素が明かされます!

初めてこの記事を読んだ際には「ふーん」程度だったのですが、いざ自分で浅溝のスプールを試してみるとこれほどフィーリングが変わるものかと実感したのがきっかけです。それでも浅溝スプールを購入してから確認するまでかなり時間がかかってしまいましたが・・・

実際計ってみた

ノーマルスプールに16lb-75m巻いた状態

中華製浅溝スプールに16lb-35m巻いた状態

ほぼダブルスコアで違います。

フロロの16lbが 0.162g/mくらいなのでスプールの重量も大事ですが、ラインの重量ってすごくフィーリングに影響するんだというのが実感できました。

浅溝スプール:スプール 9.7g+ライン 5.7g

ノーマルスプール  スプール 16.35g + ライン 12.15g(ラインの重さから想定)

まとめ:

中華製浅溝スプールなんですが確かに回転のフィーリングは抜群に良くなったんですが、やっぱりラインキャパが物足りない上に、ピッチング・フリッピングには初期回転がいいから非常に使いやすいのですが、フルキャストだと重量級ルアーの場合かなり初期に糸浮きするなど汎用性に欠けるのでやっぱり中溝のスプールが欲しいなという感じです。

 はい、前回の中華製カーボンハンドルの交換がコスパが良く使い勝手がいいので、調子に乗って今度は19TATULA TW用のシャロースプールを購...

なので、下糸を巻かずに必要な分のラインを必要な分だけ巻けるスプールの重要性が感じています。そんな都合のいいスプールないやろと思っていましたが、都合よく中華製でTATULA用の中溝スプールを見つけたのでそちらを購入してまた試したいと思います。

 前回エレキ用リチウムイオンバッテリーをALIEXPRESSで購入した記事をアップしましたが、今回は具体的な方法を書きたいと思います。よくヤ...