hoge

DF275Sプロペラ問題 SUZUKI 旧?純正4枚28P試した

 かなり試したいペラは試してきて方向性が見えてきたプロペラ問題。ドンピシャのペラに関してはさすがに知り合いで持っている可能性も低くなかなか難しいのですが、とりあえず旧?純正4枚28Pを試して来ました。結果は過去最高の結果です。

スポンサーリンク

スペック

あれ?純正4枚28Pを試してなかった?と言う人!きっと同じくペラで悩んでいる方だと思いますが、今回はSUZUKI純正なんですがダイアが若干違います。

 ようやくトーナメントシーズンも終わり余裕が出てきたので、まだまだ続いていたスズキ DF275Sのセッティング問題を解決するために同じマリー...

上記の時は油圧ジャックプレートでベストの位置をかなり間違えていたので、上記のペラは再チャレンジの必要があるのですが、今回のペラとのスペックの違いは以下。

前回試した純正4枚:990C0-00940-28P

これはDF250SS用として販売されている型番でダイア:14・1/2 ピッチ:28

今回試した純正4枚:990C0-00834-28P

これはDF150/175用として販売された型番でダイア:14・3/8 ピッチ:28

そう!これDF150・175用として販売されていた4枚の28Pなんです。アメリカのサイトを見てもほぼ販売されていないので、かなり古いペラかもしれません。

ダイアは1/8インチ(約3.2㎜)小さいだけなんですが、形状はちょっと違うかなと言う感じです。

結果

4000rpm:42マイル(67.2km/h)

P28×2.54㎝×4000rpm×60分÷2.08÷100000÷1.6km=51.3マイル

スリップ率:約18%

5000rpm:56マイル(89.6km/h)

P28×2.54㎝×5000rpm×60分÷2.08÷100000÷1.6km=64マイル

スリップ率:約12%

6200rpm:75.2マイル(120km/h)

P28×2.54㎝×6200rpm×60分÷2.08÷100000÷1.6km=79マイル

スリップ率:約5%

 回転数の低いところでのスリップ率の低下が目立ちますが、恐らくジャックの位置やトリム位置をもう少し詰めればよくなると思います。ただ、それでもスリップ率は悪目だな~と言う印象。燃費を計測したいところです。

 ただ、全域で非常に踏みやすいペラで、6200回転でまだ踏みしろがありました。このペラであれば29Pでも十分6000回転以上を狙って行けると思うので、29Pで同じスリップ率で6200回転まで回せれば78マイルー125kmが見えてきます。試してみたいですがマニアックなペラ過ぎてここをチャレンジはできない感じです。

まとめ:

 とりあえず気軽に貸してもらえるペラは一通り試した感じですが、もともとのDF250SS用の4枚28P(990C0-00940-28P)を試してみて、結果スリップも改善するなら990C0-00940-29Pが本命かなと言う感じです。