hoge

超簡単 ラバージグに綺麗にラバーを巻く方法

 野池でも、ダムでも琵琶湖でも、デカいバスに以上に反応がいいのがラバージグ!スモラバやフットボール・カバージグも自分好みのジグヘッドさえ手に入れば簡単に自作できるので自作ルーアの第一歩になることが多いのではないのでしょうか。

 特にフットボールジグは根掛りも多く、ロストも多いので自作して大量に作っておくと根掛を恐れず釣りすることができます。

 色々な方法でラバージグの自作の方法はネットを調べればあると思いますが、自分がやっていて一番簡単にきれいに巻けると思う方法を紹介したいと思います。

ラバーを巻くための道具

  • ハサミ
  • ラジオペンチ
  • 針金
  • お好みのラーバー:シリコンラバーでもラウンドラバーでもなんでもOK
  • シリコンチューブ
  • お好みのジグヘッド

 このシリコンチューブはホームセンターで熱帯魚のポンプ用のシリコンチューブが最も手に入りやすいです。しかし、モノタロウ様で販売されているシリコンチューブ内径4㎜などを購入しておくとネコリグ用としても共用できるのでお勧めです。

 ディープ攻略の定番のネコリグ。もちろん軽いウェイト&細いラインで食わせてキャッチできれば良いのですが不意に喰ってくる3kgフィッシュを確実...

自作ラバージグの実例

 上記のように、シリコンチューブを5㎜程にカットしたものに針金をU字に通し、その先にお好みのラバーを通します。フットボールラバージグを作る場合は、シリコンラバーなら2束くらいがちょうどいい感じですがここも自作なので決まりはありません。ラバー少な目や多めなど調整しましょう。

 先ほどの針金を引き抜くと、上の写真の状態になります。はい、感のいい人はもうわかりますよね。これでスピナーベイト用に販売されているスカートの状態ができました。

後は、チューブにフックを刺すとラバージグの完成です。

ただし、この方法の本当にいい点はこの状態だとシリコンチューブでラバーが止まっているだけなのでまだラバーの長さや密度を調整できます。すでにラバージグを作ったことがある人であれば経験あるかと思いますが、最初から針金で止めるとラバーをきれいに巻けず偏ったり、ラバーの長さのバランスが崩れたりします。この方法であればここからラバーの偏りや長さが調整できるのでキレイにラバーを巻けます。

ラバーの長さや偏りを修正できればあとは本固定で針金で固定します。その後シリコンチューブをカットすればシリコンチューブだけで固定したスピナーベイトなどと比べて耐久性も高いラバージグの完成です。

まとめ

 どんなフィールドでも安定して釣れ、さらにデカいバスを狙えるラバージグ。根掛が多発するエリアなどでもロストを恐れず釣りするために大量に自作してみてはいかがでしょうか。ジグヘッドやお好みのラバーで作ったこだわりのラバージグはお勧めです!