hoge

やっぱり釣れるアラバマリグ!個人的おすすめセッティング

 もうすでに春になりそうな季節ですが、ベイトがワカサギ系などになった琵琶湖では年中用意しておきたいアラバマリグ。特に今年はサカマタシャッドのミドストに力を入れてましたが、やっぱりどうしても必要なリグなので準備しています。

 その中で、個人的にいろいろと思うところもあり、セッティングなど書いてみたいと思います。自分はアラバマリグを自作しているので、自分でも作ってみたいという人は下記を参照してください。かなり安価に作成できます。

 アラバマリグも3号機。仕様も簡素化し、部品のサイズも煮詰まってきたので簡単に作成できるようになってきました。  3号機のコンセプトは琵琶...
ブレード付きアラバマリグを自作する工程編です。材料は下のリンクを参照してください。 ステンレス棒の加工 ステンレスバネ線が標準で50...
スポンサーリンク

アラバマリグ:

 そもそもアラバマリグですが、「存在感がデカければデカいほど反応が良い!」と考えています。なので、ブレードなしよりブレードアリの方が反応が良いと思ってますし、アームも5本より7本の方が反応が良いと思っています。ただ、ブレードやアームを増やすと空気抵抗が大きくなり非常にキャストしにくいので遠投したいときは5本アームやブレードの枚数を減らした方が良い場合があります。

ここ最近琵琶湖で流行りのアラバマと言えば、上記のステルスセブン。7本アームにブレードありの存在感がデカいアラバマで、糸絡み対策でシャフトもついているので、現状非常に完成度の高いアラバマリグだと思います。

これは、自作の7本アーム+12ブレード仕様のアラバマリグ。作り方は上の方のリンクを見え貰えればわかると思います。アラバマリグの回転防止の為に下側のアーム2本に4gのおもりを付けています。

ワーム:

 イロイロと試しましたが、キャストのしやすさからも4インチまでの方が投げやすいと思っています。

定番はやっぱりケイテックのスイングインパクト!超低速で引いてもしっかりテールが動くので非常にバイトの多いワームだと思っています。ただ、素材が柔らかいので消耗も激しいです。

最近お気に入りのジャイロスター。素材が硬く針持ちも良いので非常にありがたいです。本数もピッタリ7本入りなんで、7本アームのアラバマにちょうどいい感じです。3インチと3.5インチの両方使いますが、3.5インチの方がバイトが多いような気がします。本当に気分かもしれませんし、たまたま北湖のベイトのサイズに合っているのかもしれません。

追加ブレード

 ブレード付きのアラバマリグをお勧めしますが、さらに追加でワームにブレードを付けて超ギラギラさせる方がバイトが多いと思っています。

 毎冬、自己記録を釣ったアラバマリグでデッカイのを狙いたくなるんですが、ここ最近さらに一工夫しないと喰わなかったりレンジをしっかりキープして...

写真は自作の追加ブレードですが、エコギアから市販されている

ので、そちらを購入する方が手っ取り早いです。

ジグヘッド

 ジグヘッドはワームや引く水深によってかなり変えるので、特にコレ!と言ったものは現状ないです。

ジャイロスター3インチなど小型のワームを使う場合はふと軸でちょうどいいものが少ないので、ほぼ専用フックのコーンヘッドJrを使っています。

まとめ:

 こうしてみると、アラバマ系は非常にジークラックさんが特化したアイテムを作られているので、偏ってしまいます。ただ、ここ2年程度はアラバマリグも簡単ではなくなってきましたが、ハマるときには非常に強い釣りなので、1個は持っておくと思わぬ釣れ方をするのでお勧めです。