hoge

絶対おすすめ!フリッピング&パンチング用ワーム5選を選んでみた。

 春・夏問わず条件揃えばデカバスが釣れるパンチング&フリッピング。過去いろいろ試した中で絶対にお勧めできるワームを紹介したいと思います。基本的にPEライン+ストレートフックを使用したマットカバーへのフリッピングの釣りを想定していますが、シャローカバーの釣り全般でもある程度共通だと思います。

 釣りにおいてもっとも魚に近い道具のフック。自分なりに未だに悩み続けるフック選択で特に時間をかけて悩んでいるストレートフックについて、自分の...
釣りにおいてもっとも魚に近い道具のフック。<つづきです> ※注意! あくまで素人のta-toが感じた主観をもとに書いているので...

 琵琶湖だと春はおかっぱりでも打てるマットカバーに特大のバスが潜んでいる可能性も高いのでフリッピングの釣りはお勧めです。また、夏になればウィードのマットカバーへのパンチングで良いサイズが釣れる時期になるので1セットはタックルを準備しておくと琵琶湖南湖の沖の釣りがどうしても釣れない時でも、意外なデカバスがウィードカバーのパンチングで釣れたりするので是非試してみてください。

Reaction Innovations Sweet Beaver 4.20

 まあ、もうすでに説明不要な超定番フリッピングワームです。偏平ボディーによるスライドアクションが良いのか、他ワームよりバイトが多いように思います。自分の感想としては

  • カバーに対してすり抜けがよい
  • 偏平ボディーでストレートフックとの相性がよくフッキングがよい
  • とにかくカラーが豊富!フリッピングによさそうなカラーのラインナップがすごい。どんな水の色に対してもカラーを選べるくらいあります。

もはや、シャローカバーと言えばと言うくらい良く釣れるワームですのでフリッピング・パンチングと言わずライトテキサスや普通のテキサスでのカバー打ちにも使ってみてください。

Reaction Innovations Smallie Beaver 3.50

 え? Sweet Beaver といっしょでいいでしょ?と思われますが、結構この4.2インチと3.5インチの差でバイトが増えたりすると考えているんであえて分けました。私の場合は春はこのSmallie Beaverの方が多用します。

  • カバーに対してすり抜けがSweetBeaverよりさらによい
  • とにかくカラーが豊富!フリッピングによさそうなカラーのラインナップがすごい。どんな水の色に対してもカラーを選べるくらいあります。
  • サイズ感がよくSweetBeaverでバイトが出ないときでもバイトを引き出せることがある。

 ただし、デメリットとしてボディーの厚みが薄くストレートフックの3/0でもフックポイントを完全に隠すことが難しいので、セットを失敗するとすぐにフックポイントが飛び出しカバー撃ちのテンポが悪くなります。

Gambler Why Not

 フロリダのメーカーでフリッピングで超定番BBクリケットを製造しているGAMBLER社のフリッピング用ワームです。

  • これでもか!ってくらいフリッピング用のカラーだけのラインナップ
  • カバーに対してすり抜けが抜群によい
  • マテリアルが固めでハリ持ちがよく、厚みもあるのでストレートフックとの相性がよい

いつも頭を1㎝程カットして4/0のGamakatsu Heavy Cover Flippin’ Hookでリグっています。

Bruiser Baits Intruder Jr 3.5″

 たしか、フロリダのローカルベイトでFLWなどでは winning baitになっていました。SweetBeaver同様オリジナルサイズとしてBruiser Baits Intruder 4.25″があります。Smallie Beaverと使い分けで使っているのですが特徴として

  • SweetBeaver、Smallie Beaverに比べてマテリアルが固めでフックをしっかりセットできる
  • ジュンバグのカラーが絶妙。※生産ロットによって変わるかもしれませんが・・・
  • すり抜けもSweetBeaverなどと同じくらいよい。

なんか、Smallie Beaverでもバイトでないな・・・ってときに目線を変えるイメージで使うとよい結果が得られることがあります。

Berkley Power Hawg 5インチ

 困ったときの最終手段。ワームをコンパクトにするより大きくしていくときにはこれを使います。普通にキャストするテキサスリグでも使えますし、非常によく釣れるワームです。ただし、フリッピングで使用する場合は他のワームに比べてパーツも多くすり抜け性能は落ちるので、シンカーのウェイトを重くしたりする必要があります。また、廃盤なのかTackleWareHouseでも、もう販売されていないので見かけたら購入をお勧めします。

まとめ

 PEライン+ストレートフック+ヘビーシンカーの組み合わせでのフリッピングが私の使用用途ですが、他カバーであっても十分効果的なワームだと思っています。ちょっとすぐに手に入らないワームも多いかもしれませんが、是非探して使ってみてください。基本的にはTackleWareHouseで購入できます。

※2020/8追記:琵琶湖周辺のプロショップさんやエサイチさんなどには上記のアメリカ物のワームも比較的取り揃えられているので、通販でも見つからない場合はショップ様に行くと意外と置いてあります。特にスウィートビーバーは比較的置いてあると思いますので探してみてください。

※個人の経験で書いている部分もあるので、誤りがあった場合はご指摘ください。  日本では手に入りにくいアメリカンタックルも今では簡単に個人輸...
 Tackle ware house (TWH)から安い送料で輸入するの続きで具体例を書きたいと思います。特に、TWHからクレジットカードを...