hoge

【高級レインウェア】STORMRを購入して1年のインプレ

 タックルボックス、レインウェア、偏光グラスに関しては本当に答えがないんじゃないかと思うくらい悩みの種なんですが、昨年思い切って購入したSTORMRのレインウェアのインプレッションです。

TACKLEDIRECTからレインウェアが到着しました。DHL(航空便)の為注文から3日と国内感覚です。 STORMR Stormr...

FacebookTwitterInstagramを「いいね」「フォロー」して頂くと最新の記事をチェックできます。>

レインウェアに求めたもの

 基本的にボートでのバスフィッシングなんで動きやすさより「暖かさ」と「デザイン」を求めました。真夏の雨以外は一日ボートで釣りしていると本当に冷えるため、4-10月は通常のレインとして冷えないこと。そして11-3月に関してはインナーとミドルをしっかりすればそのまま防寒としても使えるようにというのが理想です。

 結果、琵琶湖でも非常によく見かけるBASSPROSHOPSの100MPHシリーズなどエクストリーム系レインウェア(この表現が正しいかは微妙)が最適かなと思い、いろいろ悩んだ結果STORMRを購入しました。

購入したSTORMR

 購入したのは「Stormr Strykr Jackets」と「Typhoon Bib」。StrykrシリーズもTyphoonシリーズもネオプレーン製のレインウェアで詳細の機能は省きますが、ベーシックなTyphoonシリーズでそろえようと思ったけどStrykrジャケットが安売りしていたので上下揃えずに混ぜてしまいました。

 個人的にはBIBスタイルは「上下の屈伸運動の時に背中が出ない」と言う理由と単純に「かっこいい(個人的意見)」という理由で必須です。よくBASSMASTERの試合中とかでもエリートプロがパーカーにBIBと言うよく見るスタイルですね。

STORMRのメリット

とにかく暖かい

 もう、防寒着としても抜群です。とにかく暖かい!冬の防寒としては最高です。

スタイルがいい

 やっぱりかっこいいと自分では思っています。たまに「ウエダー履いてる?」と言われますが自分が納得して着ているので良いんです。

STORMRデメリット

とにかく暑い!通気性ゼロ!

 暖かいを通り越して時期によっては暑い!とにかく通気性が悪いと言うよりない!少しでも汗ばむ時期に着ているとすごく不快です。なので使える時期が逆にかなり気温の低い時期に限定されます。

とにかく重い

 単純にネオプレーンなんで重いです。上下でかなり重量感でインナーが薄着の時期だとすごい圧迫感と言うか抵抗があります。冬場は諦めがつきますがまあ重いです。

防水性

 どこのメーカーも完璧ではないとは思いますが、ジャケットは1年間で雨がしみ込んでくることはなかったですが、BIBは2時間ほど魚探掛けで座りっぱなしだと本当に少しお尻の部分が染みてきました。レインを脱いで気づく程度ですがやっぱり若干は漏れるなという感想です。

まとめ

 防寒としてはかなり良い!でも通常のレインウェアとして使う分にはあまりにゴッツイと言う感じです。本当にこんな日に釣りするの?っていう極限状態とか降雪の中、STORMRのWEBページのような使い方には最適かもしれませんが普段使いやおかっぱりなどでは動きにくいし不要だろうなと思います。

 現状通年通して考えるとやっぱりボートでの釣りであれば100MPHが理想ですが、国内ブランドで防水のしっかりしたエクストリーム系レインウェアを販売してくるメーカーが出てほしいと思います。モンベルのフィールドレインシリーズがBIBもあり、耐久性的にも良さそうなんですが2重袖でなかったり動きやすさの為にかなり太目のサイズ感だったり、「農作業用」とキーワードに引っかかったりで躊躇しています。