hoge

エレキ用バッテリーの期待の星?BMOリチウムイオンバッテリー

 フィッシングショウネタを今更ですが、書き忘れていたエレキ用リチウムイオンバッテリーネタ。もともと、電動リール用などのリチウムイオンバッテリーを販売されているメーカーのBMO JAPANさんがついにエレキ用リチウムイオンバッテリーを開発開始。大阪フィッシングショウで参考展示されていました。電池をよく理解されているメーカーさんがついにエレキ用バッテリーを開発されたので、非常に期待できる製品です。

スポンサーリンク

BMO JAPAN

 BMO Japanさんはマリンパーツや電池事業を行われている名古屋の会社さんで、要は電池のプロ。自社製品としても電動リール用のバッテリーや魚探用のバッテリーを製造されており、それ以上に、有名メーカーのバッテリーのOEM生産をされている会社です。

 そのバッテリーのプロの会社がついにエレキ用バッテリーを開発してきた!と言うだけで期待値が非常に高いです。

 さらに、この開発者さんはノンボーターですが琵琶湖でバス釣りをするバスアングラーで私もご一緒に釣りをさせてもらったことがある生粋の釣り人。開発者さんもバスボートをよく知る人なので、当然BMS(バッテリーマネージメントシステム)も完全に日本から設計指示がされている完全エレキ用のリチウムイオンバッテリーです。

 開発者さん自ら、中国の工場に入ってバッテリーを開発から生産指示、部品選定までしていることをよく知っているので、信頼性と言う意味では別格だと思います。

参考展示を見てきた。

 実は、前々から開発者さんとお話をしていたので開発されているのは知っていたのですが大阪フィッシングショウで展示されていることは知らず、ブースに寄ってみてびっくり!開発者さんはブースにおられなかったのですが、いろいろ見てきました。

 サイズはACデルコと同じサイズで、12V、24V、36Vの3タイプ。容量からリチウムイオンバッテリーのセルの組み方で容量と電圧を調整している感じです。また、液晶でバッテリーの状態を一目でわかるように表示できるようになっており、いろいろとモニタできるようになっているのも釣り人目線って感じです。直接聞けてませんが、不要なシャットダウン時の復旧もこのパネルから・・・・とか。もうアメリカメーカーの製品とか含んでもこれ以上のエレキ用バッテリーってないんじゃないかと思ってしまします。

 セルはLIFEPO4かは聞けてませんが、重量から言ってもおそらくはLIFEPO4になるんじゃないかと推測してます。24V-54Ahで重量13kg。。。エレキレイクなら超快適になると思います。

価格:

 現在調整中とのことですが、バッテリー本体が13-14万円、充電器が3-4万円。価格も他社を意識しての価格かなと言う感じです。めっちゃ安いわけではないですがモデルによっては他社より結構安いので戦略的な価格です。

まとめ:

 船検の問題など複雑な話も多いですが、さすがはバッテリーメーカーが作ってきたエレキ専用のリチウムイオンバッテリー!今後、エレキレイクなどではリチウムイオンバッテリーが主流になってくるのではないかと言う状況だと思うのですが、新たに選択肢が出てきたという感じです。今後の販売に期待してます。