hoge

2018/3/25 2018琵琶湖オープン第1戦は相変わらず鬼門だった

 2018年のトーナメントはじめの琵琶湖オープン第1戦!ここを乗り切ることでその年の調子が占えるのですがほとんどの年が惨敗。今年は先週のプラの感覚から「シャローにすでに刺したステージング魚」を丁寧に狙えばそれなりに釣れるはずと、前日プラなしの状況でしたが楽観していました。が!やはりそんなに甘くなく結果から言うと相変わらずのノーフィッシュ。 反省を込めてまとめておきたいと思います。

天気:晴れ/微風
気温 4度/小潮
水温 9.9度
5点平均水位 +11 → 水位が先週よりプラス
洗堰放流 150t → 放水量もアップ

スポンサーリンク

南湖西岸ワンド奥 

 水位上昇&放水量アップを確認していたので自信満々に先週魚をフリップでは取れませんでしたがクランクで釣れていたワンド奥に直行。

 ワンド入り口の沈船に対してクランクベイト(サンダーシャッド)→ドライブビーバーの1/4ozパンチショット→ネコリグと入れるがバイトなし。ここで1本でも取れたら楽になるのにな~と思いながらさらにワンド奥にに進みます。

 ここからワンド奥にあるマットカーバにスモーリービーバーの1ozTXのフリップ → カバー周りをクランクベイト(サンダーシャッド)→縦ストラクチャーに対してドライブビーバーの1/4ozパンチショットとジャンクに広く釣るもまったくのノーバイト。このままやりきることも考えましたが、「今年こそ今を釣る!」と思って移動。

その後いろいろ

  • 貝塚:先行者ありでエレキも降ろさず移動
  • 柳ヶ崎:先行者が多く、隙間を釣るもじっくりできないので移動。
  • 浜大津:インサイドの大船団(優勝&4位など、上位陣多数だったようです)をしり目に沖のウィードパッチをやるがノーバイト。インサイドの空いている場所に入ろうかうろうろするも、あまりにも人が多いので移動。
  • 北山田取水:先行者ありでエレキも降ろさず移動
  • 北山田漁礁:先行者ありでエレキも降ろさず移動

南湖西岸ワンド奥に再度チャレンジ

 もう一度、最初のワンドに戻ったのが確か11時前。残り2時間をもう一度丁寧にやって11時半ごろクランクベイトにギラっと光るワンバイトがあるが乗らず。フックも新品にしてきたのでアンラッキーと思ってさらに巻くがノーバイト。

 さらに、丁寧にドライブビーバーの1/4ozパンチショットをスローに操作して帰着間際にこの日一番のバイトがあるも歯型のみですっぽ抜け。ここで心が折れて帰着です。

まとめ:

 個人的には結果は悪かったし、外していたとは思うのですが「思ったときに動けた」というところだけは良かったかなと思います。まだまだ、釣りこめてないので何とか、週末のBATNETは前日少しでもプラに出て挑みたいと思います。

上位陣:

  • 1位(ガイド 南プロ)&4位は同船で浜大津でメタルバイブ。リフトの高さとヘビーウェイトがキモとのこと。他を圧倒して釣り勝っておられるのでさすがの一言です。
  • 2,3,5位:皆さん下物の浚渫がらみでの釣果。この時期やっぱり下物は外せないんですが、このエリアこそスペシャリストが釣りこんでいるイメージなのでなかなか手が出せません。。。

全体として、スローにボトムでプリを狙っている感じでした。やっていることが沖なのか、シャローなのか違いだと思うのですが、エリアとスポーニングの進行具合を読み間違ったかなという感じです。