hoge

2020/10/25・31 渋い琵琶湖で新規エリア開拓&ミドスト

 最近、仕事がとてつもなく忙しくblog書くのが停滞してます。とりあえず備忘録的に10/25と31日の釣りの記録です。基本釣れてませんが「魚が絶対いる場所でなんとか釣る方法はないか?」を確認してきました。

10/25

  • [天気] 晴れ / 北西強風 3-5m
  • [気温] 19度 / 小潮
  • [水温 ] 19.5度前後
  • [5点平均水位] -16㎝
  • [洗堰放流量] 15t

天気予報から北西強風の為、北湖東岸は諦めて最近釣っていなかった北湖西岸を釣り上がってきました。

結果は嫌~な湖流の向きで流れておりディープでは全く釣れず。ただ、ミドルで魚が大量に溜まっているエリアを見つけたんですがライトリグで釣っても釣ってもノンキー(30㎝未満)。水も適度に濁っており非常に良い感じだったんですが自分ではキーパーを釣れず。

その後は新規沈み物を探したりしてましたが、夕方に北小松の漁礁に入ると、知人がモロコ釣り&ライブベイト(ウグイの生餌)で泳がせをされていたのですが、ライブベイトだと30秒で即バイト。。。ルアーは1時間何を投げてもノーバイト・・・いるけど釣れないことを確認できてこの日は終了。

10/31

  • [天気] 晴れ / 朝北西5m、午後無風
  • [気温] 18 / 大潮
  • [水温] 18度
  • [5点平均水位] -17㎝
  • [洗堰放流量] 15t

この日は、ZENAQの竿職人さんと釣り。かなり釣りウマなんで、バックシートから釣ってもらってヒントを得ようという作戦です。

天気予報では朝から南東方向の微風予報だったんですが、北湖東岸を北上すると北西爆風(笑)。沖ノ島南でとても北上できそうにないのでとりあえず沖ノ島漁礁へ。さすがにこれだけの風だと普段絶対に入れない沖ノ島漁礁の1個の角に入って風待ちしながら釣りしてると。

最近やってなかったアノストのネコリグでノンキー。漁礁で喰わせられたのでてっきりデカいと思ったのに。

その後、風が落ち着いてから気になるエリアをランガンしながら、普段使わないワームなどでチェックしますが、結局サカマタミドストで

超かっこいいバス。写真撮る人がうまいんですごくデカく見えますが50アップの3kgないくらい。

ZENAQ Spirado Blackart S66 Skippin’ Frog

サカマタシャッド6インチ+5gジグヘッド

その後、竿職人さんもミドストで

とりあえず、結局ミドストか~と思いながら終了。ただ、1日ミドストして1人1バイトなんでまあ大会では非常にきびしい。

まとめ:

まあ、非常に厳しですがなんとか週末のBATNET カテゴリー2では1本目標でやるしかないなという感じです。釣り方は信じてミドスト。後は天気が荒れないことだけを祈ります。