hoge

2020/2/29 サカマタシャッドのミドストで5本約12kg

 天気が悪かったり、家族の予定で1週空けての琵琶湖へ。どうも春っぽい釣れ方を皆さんしてるし、去年と打って変わって南湖好調。下物とかやりたい感じですが、ここは我慢して練習中のサカマタシャッドのミドストをするべく北湖東岸のディープ沈み物と春に向けて良さそうなシャローを回ってきました。

※BRUSH様より引用

[天気] 曇り / 南 途中 北 1-2m
[気温] 10度 / 中潮
[水温 ] 9.1度
[5点平均水位] -4㎝
[洗堰放流量] 60㎝

北湖東岸ディープ

 とりあえず、とにかく自分のイメージでサカマタシャッドのミドストができる漁礁やオダをランガン予定でファースト沈み物へ入ると、すぐにバイト。

ZENAQ Spirado BLACKART S0-70

サカマタシャッド 6インチ+ケイテックラウンドジグヘッド 5g 3/0

長さは結構ありそうでしたが、ウェイトは2400g。とりあえず久々のバスなのと、「今日は釣れる日」の予感。

 この後もすぐに次のバイトが来ますがすっぽ抜け、さらに5分後程度にボトムとってスイミングさせていると「コッ」とバイト。しかし、乗ってない感じだったのでスイミング続行させているとどうもおかしい。。。思いっきりラインスラックとってスイープで合わせてみると強烈な突っ込み&漁礁にスタック。一度は浮かせられましたが再度の突っ込みでラインブレイク。バスに申し訳ないことしました。

 この後はタイミングなのかバイトが無くなったので、移動を繰り返して数か所目。入って数等目からラッシュ開始。

2200g

2080g

3050g

2700g

写真撮る→重さ測る→Twitter更新→キャスト&バイト 以下ループの状態で4投連続キャッチ。TWITTERとか調子に乗って上げなかったらもう1本くらい釣れていたかもしれません(笑)。しかし、この後は無に戻ったので本当にタイミングだったんだなと言う感じなので、粘っても良さそうでしたが、ここは新規エリアも見たいので移動。

北湖東岸シャロー

Google Earthで良さそうだったシャローを確認。水が綺麗すぎてボトム丸見えでしたが、濁りが入って季節が進めばかなり魚が入って来そうな予感。クランク投げてみましたが無のまま終了。

まとめ:

どうも、放水量が落ちたタイミングでの状況だったのかこの週末は結構釣れていた感じ。しかし、ミドストで食う感触がかなり掴めてきたので良い練習になりました。後は本当に、北湖東岸の魚探掛けと釣りこみをもう少し進めるのと、北湖があれた時用に南湖のウィードを見ておかないと、本当に3月、4月の大会で外しそうな気がするので練習あるのみな感じです。