hoge

2020/2/16 大雨の中一日南湖でNF・NB

 前々から約束していた同じマリーナのUさんと日曜日に出船。ただ、朝から雨&風予報で朝からテンションはダダ下がり。まあ、風が吹くまでの午前中だけでも南湖限定で出ましょうか!って乗りで出船しますが、結局ムキになってきっちり5時まで雨の中やり切って、私はノーバイト・ノーフィッシュ。Uさんは1バイトと非常に厳しい結果でした。

 ただ、久々に(何か月ぶり?)南湖を釣ってみてイロイロと発見もありいい勉強になりました。

[天気] 雨 / 北風1-2m
[気温] 9 / 小潮
[水温 ] 9度
[5点平均水位] -5㎝
[洗堰放流量] 17t

木ノ浜

永遠、浚渫の中を魚探掛けしながらバスの反応探し。バスっぽい反応が出るまで良さそうな地形があっても無視しながら釣っていきますが完全ノーバイト。何か所か水深7mくらいでバスっぽい反応があったんですが、サカマタシャッドのミドストやカバースキャットを入れてみるもバイトなし。

下物沖

昨年よかったウィードエリアに行くと、良さそうな場所は船団。過去の記憶を頼りに釣っていくとこんなウィードが生えてる場所を発見。

 まだまだ、高さがないのでバスの反応はなかったですが今後に期待です。その後も魚探を掛けながら釣っていくと特定の場所だけ背の高いササバモが生えているエリアがあり、そこを丁寧に釣っていくと、バックシートのUさんのスイムジグにバイト。あとで近くに浮いていたガイドさんのblogなどを見てみると、どうもスイムジグが当たりだったようです。

 自分はひたすらミドストとカバースキャットを南湖でもやり切っており完全ノーバイト。スイムジグで当たりだすなんて普段の年の1か月くらい季節が早い感じですね。

まとめ:

 途中、心が折れてマッスルマリンさんに遊びに行ったりしながらですが、夕方5時まで雨の中頑張って、船中1バイトのみ。ただ、昨年とちがいなんか南湖の雰囲気が良い感じがします。おそらく、釣れているウィードエリアで粘れば1本は釣れそうな感じです。

 ウィードの高さと、種類と広さの条件があった場所はバスはいそうでしたが、水がクリアすぎて喰い辛そうな感じなので、南湖で魚を釣るならもっとシャローよりの濁りを探した方が近道かもしれません。

 釣り方も合わせていく必要があると思いますが、風が強くて北湖に行けない時は南湖を真面目に練習する必要がありそうです。昨年もこのくらいの時期までは釣れなくても余裕でしたが、そろそろ試合が始まりだす1か月前なんでそろそろ、釣りを煮詰めていきたいところ。永遠ノーバイト地獄を抜け出したいところです。