hoge

2020/2/2 懲りずにずっとサカマタシャッドのミドスト修行

 もう、意地でもサカマタシャッドのミドストを自分のものにしようと必死で練習中。この日もタックルは絞ってほぼ1日サカマタシャッドのミドストだけで北湖東岸を釣ってきました。

 結果は、途中ペラを交換しながら走ったりして時間ロスもありましたが、2バイト・ノーフィッシュ。しかもバイトがあったのはジグという結果。この日はサカマタの日ではなかったようです。

  • [天気] 曇り/微風
  • [気温] 8度 / 小潮
  • [水温] 9度
  • [5点平均水位] -8㎝
  • [放水量] 76m3/s

朝一

プロペラを変更したりバタバタしながら出船。途中ペラのスリップ率が悪く長距離巡行しにくいのでプロペラを交換してからスタート。

 もう、いつまでも終わらないDF275Sのプロペラ問題。ただ、そこそこアクセス数が多いので調子に乗って試せるペラはすべて試す!という勢いで試...

北湖東岸

ここ最近は毎回このタックル。サカマタ2本、カバースキャット、ジグロッドの4本体制。

永遠、水深10m前後の漁礁やオダなどの沈み物でサカマタのミドストをするもノーバイト。もう、腕が悪いのか魚が悪いのか分からなくなってきました。レンジキープは前回に比べてまあまあできるようになっていると思うのですがダメ。

 そのうちに有名ガイドさんと何度かバッティングするが、徹底的に浅めのボートポジション。その日のガイドさんのSNSを確認するときっちり釣っておられたので、完全に実力差です。

 夕方ごろに5m前後の浅いめの沈み物でジグに2回も当たるも、フッキングならずで終了です。

まとめ:

 うーん、なかなか思うように釣れませんが、この日は北湖東岸でチェックしたい場所が増えてきたのでポイント的には収穫があったかなと言う感じ。ただ、サカマタのミドストで釣れる日、釣れない日が明確にあるので、そのリズムとバックアップで釣れるパターンを見つけないと安定して釣れないのが今の北湖かなと言う感じです。

 あとは、激荒れの日には北湖を走れないので、一部南湖も釣っておかないといけないし、まだまだ練習することがいっぱいで本当に飽きないのが今の琵琶湖だなと思っています。