hoge

2019/7/28 この日もフリップとDF275Sの慣らし運転

 この日も載せ替えたばかりのSUZUKI DF275Sの慣らしがてら走り回り。南湖から東は愛知川 、西は安曇川までをぐるっと走って釣りこんできました。結果的には非常に厳しい・・・シャローは魚が反応しないのか、いないのかも不明な状態でかなりいろいろ試しましたが釣れず、北は天才君が鼻先まで追ってくるのに食わせられずと非常にフラストレーションがたまる展開でしたが新しい自分の釣りを見つけるために試行錯誤してきました。

 

慣らしの方はこの日は少しうねっているいる北湖を頑張って踏んでみましたが、セッティングがうまくできず「DF275SSで船体浮きすぎ」トルクが4stで有り余っているのか、5000回転61マイルまで踏むと船体がPROXSの時の70マイルオーバーくらい浮いてしまい非常に怖い。。。ライブウェルに水はったり油圧でちょうどいい場所を探さないと6200回転まで回しきれない感じです。

  • 曇り / 微風 2mまで
  • 気温 35度 / 若潮
  • 水温 北は26度前後
  • 5点平均水位 -7㎝
  • 放水量 300t

南湖西岸シャロー

 この日も朝から南湖のシャローにフリップしに行きますが、あえてスタートを7時くらいにしてモーニングバイトが終わりかけと思われる時間で釣り開始。この日も300t放水が継続なんで、いい加減シャローにバスが指しているだろと思っていましたが、完全ノーバイト。

3/4ozテキサス→1ozテキサス→1/2ozパンチショット→1ozジグとかなり丁寧にルアーローテーション&カラーローテーションを試みますが全くダメ。これは東岸のシャローを見に行った方がいいかなと思いますが、北の天才君を釣りたいので北上。

 夏場、琵琶湖で外せないシャローのフリップ&パンチングの釣り。2018年以降ウィードがかなり減少してきていますが、シャローエリアではパンチン...

北湖東岸ロック

 10時ごろから北湖東岸ロックの中層に浮いている天才バスを狙って北上。シャッドシェイプワームのミドストに5回ほどかなりの勢いでチェイスしてくるも鼻っ面で見切られ、キャストの距離をできるだけ伸ばすためにPE#0.8にしたりとイロイロ試すもキャッチできず。

北湖西岸

 こちらもベイトを追いかけてランガンしていると、1か所だけアユ+ハスでボイルしているエリアを発見。

シャッドシェイプのミドストで今年最小サイズ。

その後もいろいろと引くレンジを変えたり調整していくと。

 サイズアップ。しかし、これまたやりこむとどんどん深みにはまっていってなかなか釣れずに終了。

ZENAQ Spirado BLACKART S65 swimming’Shake + 19 バリスティックFW

1/32 JH + シャッドシェイプワーム

 ※2020/07 1年以上使ってみてインプレで感じたことなどを追記ました。  もう、釣行記を書きたくないくらい釣れてないんで最近導入した...

 超苦手な中層の釣りなんですが、やっぱり専用ロッドは超ミドストしやすいです。縦捌き、横捌きとも、自分の思ったラインスラックを作ることができました。釣れてないのでできていない可能性もありますが(笑)

まとめ:

 釣れていませんが、自分なりに新しい釣りに取り組んでいるので楽しいです。ただ、この日も猛暑日で夕方4時には2Lの水分を取り切って終了。熱中症対策にタブレットを愛用していますが、皆さんも水分多めと熱中症対策をして釣りを楽しんでください。