hoge

2018/11/17 BATNET 第2戦プラ 超タフな琵琶湖

 前回のBATNETカテゴリー2の第1戦のノーフィッシュから5週間、毎週1日練習に練習を重ねても全くバスの居場所も釣り方も見えない状態でしたが第2戦を2370g/2本で終えられました。ウェイトも本数も「琵琶湖でそれかよ!」と言いたくなる結果ですが、自分的にはこれでもなんとか精一杯やり切った結果で、事前にはノーフィッシュの可能性のほうが高いと思っていたくらいなので燃え尽きています。

FacebookTwitterInstagramを「いいね」「フォロー」して頂くと最新の記事をチェックできます。>

前日プラクティス

  • 曇り 弱風から途中爆風
  • 気温 11-20度 / 長潮
  • 水温 17度前後
  • 5点平均水位 -43cm
  • 放水量 62t

 この日は、最強ノンボーターのS氏をバックシートに乗せてプラ。もと、同じマリーナにバスボートを所有されており、正直釣りは私よりはるかにうまいです。どんな状況でも釣ってもらえるのでいろいろなリグを試してもらって効率的にプラをする作戦です。

牧漁礁

 気持ちはすでに南湖ディープホールでタコ粘り。しかし気になるエリアを消去しておかないと、大会中に迷いが出るので唯一気になる北湖東岸の定番 牧の漁礁へ。結果1投目からS氏がメタルバイブで1kg釣って、その後も連発ではないもののぽろぽろ釣れる感じ。ただ、ノンキーパーも混じるので非常に微妙な感じで終了。

北湖東岸沈み物ディープ

 定番から小さなオダまで9-12mにある沈み物をチェック。若干ベイトも映りますがバイトもなく切り捨て。

ディープホール

 本命ディープホール。先週も小さいながらも釣れていたのでいろいろと釣り方を買えれば釣れるのではと本命にしていましたが、約4時間ほど2名でやり切って全く釣れません。。。さらに途中からはボートをエレキで止めることができないくらいの爆風です。

 正直途方にくれましたが、S氏がいろいろなガイドさんのブログをチェックしていた際に、どうもサトシンさんがマグナムクランクで爆釣らしいと。。。まさかそんなに簡単なわけ

釣れちゃいました。

大したサイズでもないし、痩せているけど本番でこのサイズが釣れたら超ラッキー。ただ正直交通事故的な感じしかなく非常に不安が残るままプラ終了。

まとめ

 この時点でノーフィッシュ率がかなり高いなと思いながらも作戦的には牧の漁礁でなんとかキーパーサイズを釣ってその後南湖でマグナムクランク巻きまくりかなという状態。

S氏とプラした後は毎回必ずラーメン天。二郎系とか食べてるとたまに天のラーメンが恋しくなります。

さらに帰りに上州屋さんによって追加でBIG-M4を購入。。。「溺れる者は藁をもつかむ」