hoge

2018/9/16 台風後の琵琶湖をフリップとマグナムクランク

 約2週間ぶりの琵琶湖です。途中大きな台風や大雨で増水→全開放流からの放水量100tに落ちたタイミングでの水位が-28㎝からー23cm程度に改善した状況。当然台風による全開放水でシャローまで水は通ったはずなのでシャローは前回より状況良くなってると想像して、沖のウィードとディープのチェックを目的に琵琶湖に行ってきました。

  • 曇り/微風
  • 気温 30/小潮
  • 水温 25度
  • 水位 -23cm
  • 放水量 100t

FacebookTwitterInstagramを「いいね」「フォロー」して頂くと最新の記事をチェックできます。>

シャローフリップ

愛用の歯形だらけのハックアタックジグ1ozでフリップしていきますがバイト激減!いろいろ工夫してフリップしていきますがどうも状況とかみ合わずに2バイトノーフィッシュの撃沈。ただ、周りではきっちり釣っておられる方もおられたのでシャローに魚はいるようでした。何となくバイトが取り切れなかった原因は分かっているので次回につなげたいと思います。

沖でマグナムクランク

シャローも追い込んでいけば釣れそうでしたが、それよりも現在の琵琶湖の状況を把握したかったのでマグナムクランクを3~4mラインのカナダ藻エリアで巻こうといろいろ移動しますが、「カナダ藻が飛んで全くありません!」・・・話には聞いていたがここまでとは思っておらず色々なエリアを彷徨いながら巻きまくってようやく1匹。

 40㎝そこそこのガリガリ。前回ノーマルフックの時に軽くなるだけで乗らなかったバイトが一発で乗ったのでやっぱりフックて大事なんだろうなという感じです。まだ1匹しか釣ってないんで気のせいかもしれませんが気分が違うので自信をもって巻けます。

 なんとなく喰ってくる場所に検討はつきましたが、今シーズンでマグナムクランクをはめるような釣りは自分には難しそうな感じです。

ディープ

 かなりベイトも入ってきており釣れそうな感じで何度かライトリグやキャロでバイトありましたがサイズもいまいち。。。特大クラスが出ません。ただ、徐々に魚が集まりつつあるのか日に日に状況は良くなってる感じはします。昨年からなんかワカサギを意識しているのかどうも今までの食わせ方が通用しない感じです。

まとめ:

 台風後の琵琶湖でチェックメインでしがどうもまた自分の釣りと琵琶湖がうまくあってない感じですね。ここから月末の琵琶湖オープンやBATNETに向けて魚を追い込んでいこうと思います。