hoge

2018/03/18 フリッパーと琵琶湖のシャローに行ってきました。

 2018/03/25に開催される2018年 琵琶湖オープン第1戦のプラの為にフリッパー仲間のTさんと一緒に水温上昇中の琵琶湖にフリップの旅へ!まだまだ厳しそうな琵琶湖を一人でフリップしても効率悪いのでバックシートに乗ってもらいました。しかし、当日は水温も上がり非常にいい感じ。琵琶湖の状況をお伝えします。

天気:晴れ/弱風
気温 0度/大潮
水温 9.4度
5点平均水位 ±0
洗堰放流 120t

西岸ワンド

当日は気になるシャローを順番に回っていく予定で、まずは某西岸ワンドへ。

 オオハナミズギンバイの駆除のため、琵琶湖南湖のシャローカバーのマットはかなり壊滅状態。できるだけしっかりした浮き芝系のカバーを探していきますが非常に貧相なマットしかありません。それでも2名でヘビーテキサスを打っていきますが永遠ノーバイト。基本的に水の色を見ながら打っていくんですが、そこそこ濁りもあるエリアで水温上がりやすいスポットを丁寧に打っていきます。昔はこの手の浮き芝系カバーがかなり沖まで張り出していたので水深も80㎝-1m程度はあったのですが、水位±0で水深が50㎝程度しかないカバーが多い感じです。

 しかし、ふらっとクランク巻くと

 いともあっさり、2800g頭に短時間に2本。どうもカバー手前の何かについている魚のほうが多かったみたいです。その後、年中シャローカバーを打ち続けているNさんと3人で約1時間ほどのんびり話して他南湖のシャローを回るがいっさい何も起こらず終了。Tさんノーフィッシュですいませんでした。

まとめ:

 当日、BATNETの2Dayが行われていたんですが初日の3/17(土)と3/18(日)でかなりつれ方が変わったようです。この時期特有の横の動きに反応が良かったり、止めないと喰わなかったり、ハンプの上が良かったり、張り付かずに流すほうが良かったり、この時期は本当に苦手です。

 現状、春らしく地形の変化を中心にウィードや沈みものなど魚が止まる場所を中心に探すのですがどうも絞り切れない印象でした。結果から言うと、前日プラクティスも入れない今回の琵琶湖オープンはシャローでのクランキングを中心に組みましたが、結果ノーフィッシュ。。。3/25の琵琶湖オープンのの報告はまた後日。

フリッピングタックル

Rod:Zenaq Spirado BLACKART B79 CoverPE

ライン:65lb

ルアー:1oz TX OSP ドライブビーバー