hoge

BATNET カテゴリー2 2戦 2017/09/24

9/23 朝6時に帰国 → 12時琵琶湖in
かなりのハードスケジュールでしたがBATNET2カテゴリ 第2戦に参加してきました。結果はまたもリミット揃わず 3,290g/2本と惨敗でしたが準備からできる範囲でやりきったの次戦につながると信じて釣行記を書いておきます。

スポンサーリンク

前日プラ

曇り/微風
気温 19/中潮
水温 瀬田川 23.2
5点平均水位 -26
洗堰放流 50

 23日帰国予定だったのでプラなしの予定だったんですがどうしても北湖西岸の気になるディープだけでも切り捨てないと後悔しそうだったんで朝6時に帰国→12時には琵琶湖と言う強行軍でプラ。北湖西岸は予定通りのノーバイト。大好きな北湖東岸ディープはそこそこ。南湖東岸はかなり生命感あるけど自信なしで、同じ大会に出場されるであろう人が魚を掛けているところを見かけてしまったり、シャローマンのNさんとPRIDE50優勝のTさんと出会っていろいろ情報を聞いてしまったので、大会当日は北湖東岸をメインに状況次第で人の多いであろう東岸を避けて西岸シャローを織り交ぜるプランで決定。

大会当日

薄曇り/微風
気温 17/中潮
水温 23.4
5点平均水位 -26
洗堰放流 50t

8:00 野洲川沖

6か所を5gのDSと3.5gネコでテンポよく順番に回るがノーバイト。まだまだ焦る時間じゃない。
最近喰いだすタイミングが11時以降が多かったので移動。

9:00 沖ノ島南

入れないと思っていた場所に入れて即バイトも乗らない。10:30までフックサイズやワームを変えていきながらようやく2kgクラス。その後11:30まで粘るが1本のみで移動。

11:35 野洲川沖

2か所周ってノーバイト。まあまあ焦る。

12:00 南湖西岸シャロー

1時間だけと決めてどシャローをフリップ。同じ大会参加者2名とバッティングするも東岸にいないってことはシャロー釣れてないんだと判断(のちに優勝者と3位だと判明、もう実力差に脱帽です)1バイトだけあったが深追いせずに移動。

13:10 野洲川沖

ようやく7gTXでバイトが出だすが3バイト1フィッシュ。結果:3,290g/2本で惨敗

まとめ:

 結局ディープメインで組みましたが、結果はシャロー強し!しかし、ディープで安定して釣っておられる人も多いので自分の実力不足を感じます。上位陣はいつも強いBATNET!何とか2018シーズン中に1回くらいは見せ場作れるように頑張りたいと思います。

  • ライトリグ

Rod:Zenaq Spirado BLACKART S0-70
※7ftだけど操作性抜群。背の高い障害物をロッドの縦捌きで、きっちり超えることができます。
LURE:ロボリーチ 5g-DS or アノスト5.5 3.5g-ネコ

  • 7g-テキサスリグ

Rod:Zenaq Spirado BLACKART B4-69
※本来ジグロッドですがディープできびきびTXを動かすときはこれ。
LURE:ドライブシュリンプ4.8

  • フリップ

Rod:Zenaq Spirado BLACKART B79 CoverPE
LURE:1.5oz TX+スモーリービーバー or Hack Attack Jig 1oz+デビルスピア
※PEラインでカバーを撃つためだけに設計された専用ロッドです。