hoge

ハミンバードAuto Chart Live Shareがスタート

 既に本家の日本代理店の岡田商事さんの方で既出ですが、Humminbird(ハミンバード)社のAuto Chart Live(オートチャートライブ)でユーザー間で地図の共有を行うことができるAuto Chart Live Share(オートチャートライブ シェア)のサービスがスタートしました。少し使ってみましたがこれがうまくみんなが使えば釣りの効率は非常に上がるだろうなと思います。Garmin魚探に関しても同様のサービスがすでに始まっており今後は各魚群探知機メーカーのユーザーは購入したらまず自分の釣り場のマップをこれらの共有サイトからダウンロードするのが主流になるのかもしれません。

FacebookTwitterInstagramを「いいね」「フォロー」して頂くと最新の記事をチェックできます。>

Auto Chart Live(オートチャートライブ)

 そもそもAuto Chart Live(オートチャートライブ)を説明しておくと、自分の魚群探知機で魚探掛けしたデーターを地図上に等深線を書いていく機能です。自動で自分の魚群探知機上の地図に航跡上の等深線を書き込んでくれるので、自分の釣りをしている場所の正確な地形を瞬時に理解できてしますとても優れた機能です。以前までであれば魚群探知機で地形のデーターを取得(ロギング)し、それをPC上で地図を作ってさらに魚群探知機に戻すという作業が必要でしたが、Auto Chart LiveやGarmin社のQUICKDRAWなどにより魚探本体でその作業を行えるので非常に効率的に釣りができるようになりました。

 Auto Chart Live Shareはその各ユーザーが作成した各々の地図をHamminbird魚探を使ってるユーザー間で共有できるサービスになります。

Auto Chart Live Share(オートチャートライブ シェア)

※Humminbird社のホームページより

 画面右上に「Register」ボタンがあるのでそこでユーザー登録をすると使えるようになります。あとはログイン後に上記画面の「Autochart LiveShare」タブをクリックすると地図が表示されるので、欲しい地図データの位置に合わせると画面下に「Download live share maps」のボタンの色が反転しますのでダウンロードできるようになります。

 自分のデータのアップロードも上記画面の「My Data」タブに合わせるとアップロード画面が出ますので、自分の魚群探知機から専用SDカード「AutoChartLive ZeroLine MSD」をPCに差し込むとアップロードする地図データが選択できるようになります。

課題

圧倒的な情報不足

現状、Humminbird社の魚探を使っているユーザーでこのサービスを利用しようとしている人が圧倒的に少ない。なんと琵琶湖は試しにアップロードした私だけ(笑)。関東では数人おられる?(岡田商事さんとハーツマリンさんだけ?)のか千葉のダム湖のデータは上がっています。

釣り人は秘密主義?

上にも繋がりますが、やっぱり釣りの情報は秘密にしたいのも釣り人の心理、アメリカのように広大すぎて情報交換しながらでないとやってられない環境であれば普及するのかもしれませんが、わざわざ自分で頑張って魚探掛けしたデータをわざわざ人に教えるのに抵抗があるかもしれません。(自分も含めて)

そもそもAutoLive Chartを利用するのに専用SDが必要

 Garmin社であれば市販のSDカードにデータを書き込み出来るようですが、Haumminbird社の魚探は専用の「AutoChartLive ZeroLine MSD」というSDカードが実質必要です。魚探本体に残せるデータは8時間分とのことで、実際にどれくらいの量かを試せてないですがほぼ必要となるとのこと。

 これが魚探以外にいいお値段(国内では20,000円)するのでそもそもAutoLive Chartを利用するのにハードルがあります。

まとめ

 「自分にも見返りがあるならアップするけど、データを取られるだけには抵抗が・・・」というのが一般的な考え方かもしれません。ある程度情報が集まりだせば「Humminbirdかえばすぐに地図データを利用できる!」となって販売促進になるのでしょうがせめて琵琶湖南湖のデータだけでも埋まるようになるのはいつのことか・・・って感じです。ただ、面白いサービスなので今年の冬の魚探掛けしたデータはアップロードしていこうと思います。