hoge

超ギラギラ:アラバマリグ 7アーム-13ブレードで作ってみた。

 厳しい琵琶湖の現状を打破するためにほぼ毎週、アラバマリグを作り直してますが、それでも結果は出てません。。。自分の思う居るるであろう場所にいないのか、ベイトが変わってフィーディングに入る時間が極端に短いのか不明ですが、「ワカサギ食いならアラバマで釣れるでしょ!」という思いで作ってます。

細かい作り方は以下を参照。

 アラバマリグも3号機。仕様も簡素化し、部品のサイズも煮詰まってきたので簡単に作成できるようになってきました。  3号機のコンセプトは琵琶...
ブレード付きアラバマリグを自作する工程編です。材料は下のリンクを参照してください。 ステンレス棒の加工 ステンレスバネ線が標準で50...
スポンサーリンク

いきなり完成形

7アーム・13ブレード仕様のアラバマリグ。

 最低6mより深いレンジを巻く想定で作ったので下側のアーム2本に2号のナツメ型おもり(8g)を取り付けているため少し早めに巻いてもアラバマリグが回転せずに真直ぐ引くことが可能です。

市販のアラバマリグでも下側のアームに1/4ozのジグヘッドなどを付けると同様の効果があるので、アラバマリグを回転させずに真直ぐ泳がせるのにお勧めです。

6本の周りのアームはすべて大会でも使用できるコイルバネ仕様。正直ジグヘッドを狙ってバイトしてもらうためにメインのジグヘッドだけワームのサイズを変えたり、カラーを変えたりして少しでも変化を付けることを考えています。

ブレードとブレードの間は1.5㎜のカラミ止めパイプを20㎜にカットして通すだけでブレードを2㎝の間隔を付けています。

 ブレードの両端は今まで通り内径1.2㎜のメタルビーズを半田止で固定。ブレードが増えましたが組立の手間はそれほど変わっていません。

問題はこのブレード。メインのアームに取り付けているブレードなんですが、スピナーベイトでよく使われるクレビスを使って付けているんですが、「これが切れに回転しない」。前から気にはしていて取り付け位置を変えたりイロイロ工夫してみたんですがどうもうまく回転しない。。。今後は必要ないかなと思っていますが、うまく回転させられている人が居られましたら教えてください。

自分はφ1.0㎜のステンレス棒を使用した場合にはクレビスは#3を使用しています。#4の場合はブレードのサイズが#2.5や#3の小型の場合はブレードの穴にクレビスが通りませんので注意が必要です。

 まあ、現状うまく回転させられてないので、今度はスピナーベイトの自作にでも使用しようかなと思います。

まとめ:

 実際週末に試して来ましたが、空気抵抗がデカくかなり投げにくいですが、これだけブレードがあるのでギラギラ感はすごいです。冬の間にデカいのが釣れればいいのですが、まだ路頭に迷ってます。