hoge

【DEPS】バックスライドワーム リバースクローを試してみた。

 ここ最近とてつもなく釣れていないのでどうしても今まで試していないジャンルや新製品に手を出して収集がついていません。おそらくここ10年くらいで一番釣具屋に通っている気がしますが、そんな中で良くも・悪くも印象に残ったDEPSのリバースクローのファーストインプレを。

※DEPS様ホームページより引用

スポンサーリンク

なんでバックスライド?

BATNET カテゴリー2の第1戦に向けてとにかくシャローを打ちまくる予定だった際に、ここ最近の琵琶湖のシャローのイメージは

  • PEを使ったヘビーテキサスなどで打つような植物系カバーが本当にない。
  • どちらかというと岸沿いの大木のオーバーハングに魚がついているのを目視していた。
 なんと、BATNET C2(カテゴリ2)の第1戦に向けて2日間もプリプラを慣行!とりあえずまったく魚に触れてませんが方向性だけは決めたので...

 以前までならスイートビーバー等フリッピング用ワームでヘビーテキサスリグを打っていれば良いでしょ?としか思ってませんでしたがどうしてももっと繊細なアプローチが必要になってくるので自重のあるバックスライド系ワームの必要性を感じていました。

以前、参考にさせていただいたKEN.Dさん記事。

速い動きのルアーを、激しく嫌うアフター時期。難しい5月の鍵は"ノーシンカー"にあり!?スローな釣りをテンポよくこなす、バックスライドの威力をシェアします。

リバースクロー(ReverseCrow)

たまたまセブンパームスさんで見かけて新製品ということで購入。

スペックなどは、DEPS様ホームページで確認してください。

使用感

 普通にオフセットで真っすくさせばきれいにバックスライドでオーバーハングの下にもぐらせることが可能です。材質もカバー打ち用のワームとしては柔らかく、テールが非常によく動いて初見でかなり釣れそうな感じでした。

 十分なラインスラッグを作ってラインをダルダルにしてスライドさせてみましたが、かなり奥までスローにテールをなびかせながらフォールさせることが可能です。

また、サイズは小さかったのですが実際にバイトも多く釣れるワームだと思いました。

ちょっとした不満:テール切れが頻発

 テールのアクションの為なんでしょうが、材質が柔らかめ&テールの根本がかなり薄いためバスを釣るとまあまあの確率でテール切れを起こしました。

また、本来の使い方ではないんでしょうが、スキッピングでカバー奥に入れる際にミスキャストすると即テール切れ。ミスキャストするなよって話なんでしょうが基本的にオーバーハングの手前に綺麗に落として奥までバックスライドさせる本来の使い方以外はしない方がよさそうです。

まとめ:

 ワームとしてはすごく優秀で、春のアシ際や琵琶湖の各河川のオーバーハング打ちには非常にいいワームだと思います。テキサスリグではどうしても反応がないような場合でもバックスライドのノーシンカーにはバイトしてくるので今後も使い込んでいきたいと思います。