hoge

YGKよつあみ オルトロス(OLLTOLOS)FCインプレ

 普段シーガーの太めのフロロはフロロマイスターしか使っていないようなライン音痴ですが、固めのフロロでちょっと気になったYGKよつあみのオルトロス(OLLTOLOS)FC。いきなりトーナメントで実践投入して感じが良かったので記事にしたいと思います。

「硬質であるが柔らかい」というメーカーの謳い文句どおり、普段しなやか系のフロロマイスターを使っていてもそれほど違和感なく使えるラインです。

 素人インプレッションなんで突っ込みどころあると思いますが、個人の感想として読んでください。

 先日行ってきた2019大阪フィッシングショウネタですが、正直「ヴァンキッシュ以外ってあんまり見るものないな」と事前に思っていたんですが、行...
スポンサーリンク

オルトロス(OLLTOLOS)FCって

YGKよつあみの2019ニューモデルのフロロカーボンラインです。特徴としては

※自分の過去記事より引用

  • 固いフロロ原糸に操作性のよい?フロロをカバー。その後ラインコーティングしている3層構造。
  • 個人の手で引っ張った感触なんでいい加減かもしれませんが、伸びは他社メーカーの固い系フロロカーボンラインと比べて同等かそれ以上に伸びが少なそうな感じ。
  • ラインの表面がささくれ立っても最後まで耐えてくれる耐久性
  • 固いフロロ原糸のわりに柔らかい。

最後まで粘って切れず、硬いフロロの割に柔らかい。メーカーホームページの表現では「硬質であるが柔らかい」とのことで、自分も硬いフロロカーボンの経験があまりないですが、ほぼ違和感なく使える感じです。

実際使てみて

操作感

 硬質のフロロカーボンということですが自分はそれほど違和感なくキャストも操作もできる感じですが、それでも「硬いな」とは認識できます。また16lbを使っているのですが伸びは明らかにフロロマイスターより少ない感じでジグなどをダイレクトに操作する感じは非常いいです。

 現在(2019/6月)時点では16LBしか使ってませんが、これから北湖のディープが良くなってくる時期に14lbなどでディープをするにはこのダイレクト感はストラクチャーへのスタック感をしっかり出すのに良いと感じています。

また、まだ使用回数が少ないというのもあるかと思いますが、硬い割に巻き癖がつきにくいように感じています。数回でコイル状になって扱いにくいということはありません。

ラインのコーティング

 カバー周りのスピナーベイトで大部分使ったのですが、かなり複雑なカバーにこすりながらバスをキャッチした際も表面のダメージは限定的で傷がつきにくい印象ですが、これはもっと使い込んでみたいと思います。

 また、ラインの変色も今のところ気にならず他のラインのようにすぐに真っ白になるようなことはありません。

価格

 ラインの太さにもよりますが定価が2000~2200円。実売は1300円台で100mが購入できます。下巻き多めで50m×2回で使用すればかなりコストパフォーマンスいいですが、やっぱりすこし少ないかなという印象。ぜひとも300m巻きの販売を期待してます。

まとめ

 ボトムの操作系、巻物ともに使い辛さはなく非常に好印象です。操作性はよく特にボトムの操作系の釣りには今後も使おうと思いますが、巻物だと使い慣れたフロロマイスターでもいいかなという印象です。

ただ、硬いけどしなやかという微妙なこのバランスは、かなりはまる人にははまると思います。

また、ウィードエリアでの釣りや本格的なディープシーズンが始まった際にはこの記事に追記していきたいともいます。