hoge

2019/4/20 釣れない琵琶湖で一人ハードベイト縛り

 来月のBATNETカテゴリー2 ハードベイト大会を意識して体を「巻き」に対応しようと早めにハードベイト縛りで行ってきまいた。エリア的には本当は新規開拓も含めて北に行きたかったのですが、名古屋方面から来られているマリーナの駐艇メンバーさん曰く、北湖でも北エリアは風が吹ているとのことだったので南湖の定番場所をとにかく巻いてみました。

 しかし、個人的にはもう20年近く琵琶湖でバス釣りしていて巻きの釣りは超苦手意識あります。トリプルフックも何を使えばいいのか基準もないのでとりあえず、何個か試しながら釣ってきました。

  • 晴れ/微風
  • 気温 20度越え / 大潮
  • 水温 ワンド内 17度 その他15度台
  • 5点平均水位 +4
  • 放水量 48t
スポンサーリンク

タックル:

とりあえず、クランクとスピナーベイトを中心に沖からシャローまでを投げまくる作戦です。

南湖東岸

永遠、南湖東岸の地形変化を中心に新芽のウィードがあればいいな作戦で2-4mを

マグナムクランク→バイブレーション→スピナーベイトのスローロール

の順にローテーションしながら巻きますが全く当たらず。魚の状況的に水温15度前後であれば沖で待機しているメスに1回くらいは当たるだろうと頑張りますが全くのノーバイト。

南湖西岸

こちらも永遠と巻きますが、良さそうな場所は人が当然ですが多いです。シャロー際ではすでにサイトをされている人もいる状況で、水温も日中グングン上昇するため1-2mの浅いラインを巻くと

目が真っ赤になった雄っぽい魚がスピナーベイトで

ZENAQ Spirado Blackart B3-70 + ヴァイパーデザイン ダッヂスルー 1/2oz

キーはやはり適度な濁りと風のあたり方なんでしょうか。

 結局、3本ほど同じ条件で釣って全部1-1.5kgくらいの目が完全に真っ赤な魚ばかり。少しボートポジションを沖に変えてさらにビックベイトなどをやってますが、水がクリアだとチェイスもなく、突然水深2mくらいにいいサイズがいてもダッシュで逃げられるの繰り返し。

 その後はいろいろなシャローを見て回って終了。

まとめ:

 場所によっては完全にベッド化しており、何個かネストにロックした雄も見つけました。ただ、巻いて2kg以上の魚を巻いて釣るのはちょっと至難の業という感じかなと思います。

 ただ、本当に教科書通りに「春の風面(ウィンディーサイド)の濁ったエリアでスピナーベイト」で釣れたので、もう少しこの釣りも煮詰めていきたいと思います。

コメント

  1. 変態 より:

    3.5~4の新芽ではポストのメス(2~3.5キロ)がスローロールに反応する時期ですね。
    5月シャローならエリアを北へ

    • ta-to より:

      ですよね。Line始めるか、メールにGmailの受け取り許可しておいてくださいね。マジで電話以外の連絡取れなくて困ってます(笑)

  2. 変態 より:

    Lineはもういいかなと・・
    スマホにGmail設定しときました
    これで良いのか?

    魚の足が速いんで、ポイント絞るほど、ドツボですね!
    5本だと待っても揃わないので、ピンのランガンか、差してるラインを流すか・・・
    少ない食わせのヒントを元に、自信持ってエリア回すのが正解です。

    最近じゃベイト居ても反応ないとかありますね。
    春なんで、ちょっとした食わせの違いで反応することが良くありますが、回ってきてるかが、一番影響してる感じですね。