hoge

2018 バスマスターオープン Eastern 第2戦 Lake Norman TOP12選手の使用ルアー

  先日終了したバスマスターの2018 Bass Pro Shops Eastern Open #2 at Lake NormanのTOP12選手のルアーがWEBで公開されています。普段オープンの結果やルアーまでそれほど見ないのですが伊予部プロの結果のチェック中に見つけたのですが「TOP12の選手の釣りがこれほど一緒になるのか」と言うのに衝撃を受けたので少しまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

TOP12選手のルアー

 まとめるとほぼスイムベイトセンコー(または、センコー系)のワッキー、ラバージグの3種類のルアー(釣り方)でTOP12選手が釣ってきています。琵琶湖オープンなんかでTOP10選手のエリアが同じような場所になることはあっても釣り方まで同じになることはないのでよほど情報の回り方がすごいのか、この湖では完全に定番の釣りなのかわかりませんがよくこれだけ被るなと言う印象です。

 あと、とにかくカラーがスイムベイトなどを除けばグリンパンプキンの使用率が異様に高い!琵琶湖だとエビ系のベイトが多いときにグリンパンプキンを使ったり、ウィードエリアでは定番ですが、すごい使用率だなと言う感想です。

※センコーワッキーはセンコー系も含みます。

  • 1位:スピナーベイト、スイムベイト
  • 2位:フリックシェイクのワッキー、スイムベイト
  • 3位:スイムベイト、センコーワッキー(グリパン) クランク?
  • 4位:スイムベイト
  • 5位:スイムベイト
  • 6位:スイムジグ(グリパン)、センコーワッキー(グリパン)
  • 7位:ラバージグ(グリパン)
  • 8位:スイムベイト、センコーワッキー(グリパン)
  • 9位:ジャークベイト、センコーワッキー(グリパン)
  • 10位:ダブルスイッシャー センコーワッキー(グリパン)
  • 11位:ポッパー、センコーワッキー(グリパン)
  • 12位:センコーワッキー(グリパン)

やっぱりエリート選手は強い

  • 1位: Wesley Strader
  • 2位: Jared Lintner
  • 7位: Andy Montgomery
  • 10位: Chris Lane 

 やっぱりエリート選手は強いなと言う印象です。このエリート選手なんかは賞金稼ぎに来ているのか、クラシックの権利取得の為に参加しているのかは不明ですが安定感がすごいなと思います。Central Open #1 at Ross Barnettで優勝したStephen Browning 選手なんてセントラル地区のオープンでは常に上位に入っているのでは?と言うくらいの安定感。やっぱり実力だなって思います。

まとめ:

 琵琶湖でも昔から「アフターの時期はロングカーリーテール」と言う定番など、いろいろありますが大会で上位選手がこれだけ被ることはないと思います。センコーのワッキーなど琵琶湖で聞きそうなのにほとんどやっている人は見かけませんし、スポーニング時期のTOPも昔は得意にされている選手がおられましたが今ではほぼ聞きません。改めて定番の釣りを見直すのもいいかもしれません。