ta-to@bassfishing

バスフィッシング釣行記から個人輸入・ルアー・ロッドビルディングのサイト

最も高額な個人輸入は? ~ バスボートの並行輸入を考える

calendar

reload

最も高額な個人輸入は? ~ バスボートの並行輸入を考える

ずっと中国出張で精神的にしんどくなってきました。

はやく、日本の空気を吸いたいです。

<もしよろしければFacebookTwitterを「いいね」「フォロー」してください。最新の記事をチェックできます。>

最大?もっとも高額な個人輸入は?

私の場合は直接海外の小売と直接やり取りする所謂「個人輸入」と、ものによっては輸入代行を通して購入する「並行輸入」の両方を行います。

この両方とも自分で選んだものを輸入するという点で個人輸入とした場合、最も大きな個人輸入は?

 

 

 

バスボートの並行輸入

私のバスボートはBASSCAT社のPuma FTDと言うモデル。

2011年にパンチングの聖地 カルフォルニアデルタでガイドしてもらったBub Toshさんが乗っており、その際に猛烈に勧められてTriton買うつもりがBASSCATを購入しました。

2011年に3,4ヶ月アメリカのボートサイトで出物を探して出たこのボートをwebにアップされた翌日に業者さんに頼んで押さえてもらったのを先日のように覚えています。

この間、アメリカにあるBASSCATの中古艇で19-20ftクラスのほとんどのボートに連絡を取った記憶があります。

※この話もいつか書きたいと思うのですが、超長くなるのでそのうち。

ずっと海外のボートサイトはのぞいていますがこれ以上の出物は未だないと思えるボートですし、本気で自分のボートが琵琶湖で一番かっこいいと思っていますw

でもね。。。。

※写真はイメージ:今売り出されているエリートプロ Paul Eliasのボート。超豪華装備の割に安いですがそれでも高くて買えません。。。

Garminの高級魚探にバッテリーまでリチウムの超トーナメント仕様。。。

<BBCより転載>

Fury 4 blade, 10″ Atlas hydraulic, MK Ultrex w/Spot Lock, 2 12″ Garmins, one at bow has Panoptics, 9″ Garmin, custom cover, 8′ Power Poles, 3 12 volt K2 lithium batteries, 31 series AGM battery, removable console kit, padded front deck, Hydrowave. Fiberglass fenders, dual axle brakes, 18″ wheels, spare w/cover, reverse lights, grab post w/steps.

 

アメリカ経済の景気が良いので、中古艇も強気の値段設定ばかりでしたが最近超出物が出品中。。。

たぶん買わないけど悩むな~。

注意:

  • 今、新艇を買うなら絶対しっかりしたディーラーさんで買うことをお勧めします。為替も円安で新艇並行と正規輸入艇の金額差は少ないです。
  • 並行中古艇はとんでもなくリスクが高いです。実際輸入されてから「これ沈没歴あるよね」って船まであったそうです。この記事は並行輸入を勧めるためではなく、あくまで参考程度に読んでいただければと思います。
  • 完璧に並行輸入についてまとめられている素晴らしいBLOGです。並行輸入に興味がある人は必ず読むべき記事です。

並行輸入について(その1)

並行輸入について(その2)

並行輸入について(その3)

並行輸入について(最終回)

  • なんで、それでも並行輸入を考えるの? ⇒ ハイテンションな金髪のおじさんが「ドキドキするのも並行輸入の楽しみだよwwww」って言うからです。(嘘です)

※また機会があれ書こうと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




管理者

名前:ta-to

名前:ta-to

京都府在住のアラフォー。
琵琶湖でボーター歴1x年。
基本セコイので自作や個人輸入大好きです。ZENAQ フィールドテスター。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。