【初心者必見】タックルをアメリカから個人輸入する方法まとめ

 過去、いろいろとバスタックルの個人輸入の記事を書いてますが、どうも個別の内容になってしまうので1記事で内部リンクをまとめてみました。今後もこの記事を更新していって、個人輸入を初める人の助けになればと思います。

スポンサーリンク

ショップ選択

 アメリカから個人輸入する方法はいろいろありますが、まずは手堅く日本に発送してくるショップから個人輸入するのがベストだと思います。下の記事でBASSPROSHOPSやTackleWarehouseなどお勧めの個人輸入できるショップをまとめています。

初めての個人輸入は1998年にバスプロショップのカタログをわくわくしながら見て父に頼んだG.LoomisのIMX MBR783でした。その後...

釣り具の関税と消費税と送料

 恐らく初めての輸入に最も気になる点かと思います。実例踏まえて実際の送料や関税を下の記事でまとめています。20万円以下で個人使用であれば簡易課税が適用されますので、それに基づいて関税・消費税・送料の目安と簡単な仕組みを説明してます。

※個人の経験で書いている部分もあるので、誤りがあった場合はご指摘ください。  日本では手に入りにくいアメリカンタックルも今では簡単に個人輸...

おススメの個人輸入:TackleWarehouseから安い送料で個人輸入する方法

 もう、見出しのままです。バスタックルをアメリカから個人輸入するのに外せないTackleWarehouseから安い送料で個人輸入する方法です。送料を安くするだけでなく、初めてTackleWarehouseから輸入する方法も記載しています。

 Tackle ware house (TWH)から安い送料で輸入するの続きで具体例を書きたいと思います。特に、TWHからクレジットカードを...

個人輸入のタイミングは?

 個人輸入も当然お得に買い物したい。アメリカでは日本人の知らないセールがいっぱいあるので、まず個人輸入する前にセールの時期を確認しよう。11月末のBlackFridayは絶対に外せない年に1度の大セールなので各ショップを要チェックです。

 個人輸入にタイミングなんてあるのか?「結論はあります!」そんな個人輸入のタイミングについて説明したいと思います。 個人輸入のタイミン...

さらにマニアックに!日本に発送してくれないショップや商品を輸入したい!

 日本に直接発送してくれないショップから輸入したい場合や、TackleWarehouseからでも購入できない魚群探知機(魚探)などの商品を輸入したい!そういった場合は個人輸入代行サービスを使えば輸入できます。その仕組みと方法を説明します。

 直接海外のwebショップから購入することができればいいですが、意外と買えないものもいっぱいあります。そんな時に利用するのが個人輸入代行サー...

ロッドって輸入できるの?送料の落とし穴

 アメリカからロッドを輸入する際の注意点。確認を怠ると余分な送料を払うことに!実際の失敗例を書いています。

 先日紹介していたTackleWareHouseのメモリアルセール!実は思うところがいろいろあって、もう何年ぶりか覚えていなくらい久しぶりに...

まとめ:

今後も、タックルの個人輸入の役に立つ記事になるように改善していきたいと思いますので、「輸入方法変わったよ!」など情報や、「こんな場合はどうなるの?」といった質問ございましたらお教えください。